>>ホーム >>お知らせ >>FACILIS Supremo/ EZ リビジョンアップのお知らせ

お知らせ

FACILIS Supremo/ EZ リビジョンアップのお知らせ

平素は弊社商品につき格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、自動面付けソフト「FACILIS Supremo」および「FACILIS EZ」につき、下記の通りリビジョンアップいたしましたので、お知らせいたします。


リビジョンアップの内容

FACILIS Supremo
  1. 対象商品
    FACILIS Supremo(Mac版/Win版)
    FACILIS Supremo 4UP(Mac版/Win版)
    FACILIS Supremo 2UP(Mac版/Win版)
  2. バージョン
    Ver.4.6 7 → Ver.4.6 9
  3. リリース日
    平成28年6月22日 出荷分より
  4. 主な変更点
    動作保証OS
    Mac版  Mac OS X 10.6~10.11
    Win版  Windows 7~10

    仕様変更・機能追加
    1. 「QuickTime」を利用しない仕様に変更しました(Win版)。
    2. 背票のOri4、Ori5に対応しました。
    3. JDFのオプションに「DescriptiveNameに出力ファイル名を使用する」チェックボックスを追加しました。
    4. JDFのオプションに「分割ファイル名の形式をPS、PDFに合わせる」チェックボックスを追加しました。
    5. JDFのオプションに「テキストアイテムの位置を修正する」チェックボックスを追加しました。
    6. JDF出力ファイルフォーマットに「JDFOption-B(1.2)(Marks_Clipping)」を追加しました。

    不具合修正
    以下の不具合を修正しました。
    1. 台割りで「ページ設定表」等の選択ダイアログで、異なる場所が表示される(Mac版、10.9のみ)。
    2. JDF出力で作成した「blank.pdf」が、システム側で処理できない。
    3. JDF版分割出力時に、裏面の分割番号のつけ方がPS、PDF出力時と異なる。
    4. 出力したJDFファイルが、FlatWorkerで読み込めない場合がある。
    5. ファイル名にWindowsで使用される「全角マイナス」が使用されていると、自動リンクできない(Mac版)。
    6. レイアウトの裏版で、アイテムがページの下に置かれてしまう。
    7. JDFで一部のアイテムが欠ける。
    8. JDF出力でトンボの向きが逆になる、裁ち落とし幅連動等の可変トンボの形がおかしくなる。


FACILIS EZ
  1. 対象商品
    FACILIS EZ(Mac/Win ハイブリッド版)
  2. バージョン
    Ver.1.0 3 → Ver.1.0 5
  3. リリース日
    平成28年6月22日 出荷分より
  4. 主な変更点
    動作保証OS
    Mac版  Mac OS X 10.6~10.11
    Win版  Windows 7~10

    仕様変更・機能追加
    1. 「QuickTime」を利用しない仕様に変更しました(Win版)。


有償テクニカルサポートサービスご契約中のお客様へ

有償サポートご契約のお客様を対象に、最新バージョンのプログラムCDを、7月中旬頃に一斉発送いたします。
一斉発送前の入手をご希望されるユーザー様には随時発送いたしますので、FACILIS カスタマーサポートセンターまでお申し付けください。



ページトップ