Diamour <ディアムール>
余分なガラス化液を効果的に吸収凍結•融解速度が著しく向上
KVSを応用した超急速ガラス化保存デバイス登場。

Diamour/ディアムールは、KVS(Kitasato Vitrification System)を応用した超急速ガラス化保存デバイスです。
安全で安心して使用できるデバイスを目指して、北里大学獣医学部と共同開発しました。

構造

ガラス化液吸収体(胚を載せる部分)
製品構造
ガラス化液吸収体(胚を載せる部分)

閉鎖型の使用方法はこちらをご参照ください。

デバイスが余分なガラス化液を自動的・効果的に吸収することで、以下のメリットが得られます。

メリット

  1. 作業者の技量差が生じにくい設計で、成績の安定化に寄与します。
  2. 作業者の習熟期間を短縮できます。
  3. 胚の凍結・融解速度が著しく向上します。

詳細はこちらをご参照ください。

ガラス化液が吸収されるイメージ

Diamour開放型

Diamour閉鎖型

ラインアップ

開放型ガラス化保存デバイス 閉鎖型ガラス化保存デバイス カラー 入数
Diamour-op (N) Diamour-cr (N) ナチュラル 10本
Diamour-op (B) Diamour-cr (B) 10本
Diamour-op (G) Diamour-cr (G) 10本
Diamour-op (R) Diamour-cr (R) 10本
Diamour-op (Y) Diamour-cr (Y) 10本

品質項目

  • エンドトキシンテスト済み
  • マウスエンブリオアッセイ済み
  • 滅菌済み

免責事項

※本製品は研究用機器であり、薬機法の定めるところの「医薬品」「医薬部外品」ではありません。

※本製品は成績を保証するものではありません。

※本製品のご使用前に説明書をよくお読みになりご使用ください。

説明書については、こちらをご参照ください。

販売に関するご質問やその他のお問い合わせ

製品に関するお問い合せ

三菱製紙株式会社
機能商品事業部
新規事業推進室
〒130-0026
東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア
TEL:03-5600-1476 FAX:03-5600-1413
E-mail:kanzai1@mpm.co.jp

製品の購入・ご相談

下記販売代理店までお気軽にお問い合せ下さい。

ダイヤミック株式会社
〒130-0026
東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア
TEL:03-5600-1570
https://diamic.jp/
E-mail:ga-info@dmc.co.jp

製品紹介
使用方法
参考データ・Q&A
カタログお問い合わせ