>>ホーム >>お知らせ >>FACILIS Supremo リビジョンアップのお知らせ

お知らせ

FACILIS Supremo リビジョンアップのお知らせ

平素は弊社商品につき格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、自動面付けソフト「FACILIS Supremo」につき、下記の通りリビジョンアップいたしますので、お知らせいたします。


リビジョンアップの内容

FACILIS Supremo

  1. 対象商品
    FACILIS Supremo(Mac版/Win版)
    FACILIS Supremo 4UP(Mac版/Win版)
    FACILIS Supremo 2UP(Mac版/Win版)

  2. バージョン
    Ver.4.6 9 → Ver.4.6 10

  3. リリース日
    2019年5月7日 出荷分より

  4. 主な変更点
    動作保証OS
    Mac版  OS X Yosemite 10.10〜macOS Mojave 10.14
    MacOS Mojave(10.14)まで対応しました。
    Win版  Windows 7〜10

  5. 仕様変更・機能追加
    1. 以下のJDF フォーマットで出力する場合は「ページ領域の下塗り」を無視するようにしました(Mac/Win)。
      JDFOption-W(1.0)
      JDFOption-W(1.0)(Marks_Cilpping)
      JDFOption-W(1.0)(Marks_Cil_PaperSize)

    不具合修正
    以下の不具合を修正しました。
    1. パッチ等の選択ダイアログで一部ファイルのサムネイル表示ができない(Mac)。
    2. プロジェクトの台割りファイル選択ダイアログなど、一度選択したフォルダがリセットされてしまう(Mac)。
    3. プロジェクトの面付け対象登録ダイアログで「すべて追加」ができない(Mac)。
      この修正のために、仕様を変更しました。「すべて追加」は廃止とし、Ctl+A でファイルを全選択してから「追加」という流れになります。
    4. プロジェクトの面付け対象登録ダイアログのサイズを変更するとファイルが登録できなくなる(Mac)。
      この修正のために、ダイアログのデザインを変更しました。
    5. システムフォントの登録ダイアログで一部のフォント( ヒラギノ明朝など) のPostScript 名が登録できない(Mac)。
    6. 面付けの日付と時刻の文字列のフォーマットがシステム環境設定で変更できない(Mac)。
    7. Windows10 で環境設定の表示がおかしくなる(Win)。
    8. 台割りファイルが保存しているフォルダのファイル名で文字数が多く、保存の階層が深い場合Supremo が終了する(Win)。


有償テクニカルサポートサービスご契約中のお客様へ

有償サポートご契約のお客様を対象に、最新バージョンのプログラムCDを、5月下旬頃に一斉発送いたします。
一斉発送前の入手をご希望されるユーザー様には随時発送いたしますので、FACILIS カスタマーサポートセンターまでお申し付けください。



ページトップ