TOP>CSR/環境>FSC森林認証

FSC森林認証

なぜFSC森林認証に着手したか

 図に示すように紙は2つのサイクルから成り立っています。古紙回収に代表される「 紙のサイクル」 とCO2 が森で固定され木になる「 森のサイクル」です。三菱製紙は、コート紙やインクジェット用紙などの高い品質を求められる紙を生産しており、古紙を配合できない品種が多くありました。そこで、環境配慮を「森のサイクル」に求めました。「 森のサイクル」 では、森林が適切に管理されていること、すなわち生態系や資源量に配慮した森林管理が大切です。「 森のサイクル」を回していることを確実にするため、2001 年からFSC森林認証に取り組みました。

紙をめぐる2つのサイクル

生物多様性保全とFSC森林認証

 FSC森林認証は、経済、環境、社会的な観点から責任ある森林管理を審査・認証するとともに、その森林で生産された木材及び木材製品にラベリングすることを通じて世界の森林を健全にすることを目的としています。具体的には「 FSC 10 の原則」 を守って森林を管理することを定めています。生物多様性に関しては、希少種や絶滅危惧種の保護を定めた原則6と生物多様性の観点から価値が高い森林の保護を定めている原則9で配慮を求めています。FSC森林認証のルールに従って紙を生産することにより、生物多様性への影響を少なくできると考えています。

FSC 10の原則

  • 原則1.  法律や国際的な取り決めや、FSCの原則を守っている
  • 原則2.  森を所有する権利や利用する権利が明確になっている
  • 原則3.  昔から森に暮らす人々(先住民)の伝統的な権利を尊重している
  • 原則4.  森の周辺で生活する人々や森で働く人に十分な配慮をしている
  • 原則5.  豊かな収穫があり、様々な利用がなされ地域からも愛され利用される森である
  • 原則6.  多くの生物がすむ豊かな森である
  • 原則7.  調査した情報を基に計画を作り、きちんと実行している
  • 原則8.  適切に管理しているかどうかを定期的にチェックしている
  • 原則9.  保護するべき貴重な森を守り育てている
  • 原則10.  植林により人工的な森を作るときは十分な配慮をする

FSC森林認証取得の経過

 2001年に八戸工場で製紙工場として日本で初めてCOC(加工・流通)認証を取得し、FSC森林認証紙の生産を始めました。2002 年には、チリ植林地(第Ⅷ、 Ⅸ州)でFM(森林管理)認証を取得し、認証材の安定的な確保が可能になりました。その後、国内の工場で順次COC 認証を取得し、認証製品の品種拡大を行ってきました。2007 年には、ドイツ子会社(三菱ハイテクペーパー・フレンスブルク)においてCOC 認証を取得し、三菱製紙グループの全ての紙生産拠点で認証を取得しました。国内社有林でのFM 認証の取得も進め、青森県、岩手県、福島県の3カ所が認証林になりました。

三菱製紙グループのFSC認証取得事業所

森林管理 フォレスタル・ティエラ・チレーナ(チリ) SGS-FM/COC-001162
岩泉社有林(岩泉町グループ認証) SA-FM/COC-001289
白河・七戸社有林 SA-FM/COC-002322
木材チップ

新北菱林産

SA-COC-001501
紙製造 三菱製紙
-本社
-八戸工場
-高砂工場
-京都工場
-北上ハイテクペーパー
-生産技術センター
SCS-COC-000328
三菱ハイテクペーパーヨーロッパ GmbH(ドイツ)
ビーレフェルト工場
SGS-COC-002664
三菱ハイテクペーパーヨーロッパ GmbH(ドイツ) 
フレンスブルグ工場
SGS-COC-003270
販売 三菱製紙販売 SCS-COC-000424
ダイヤミック SGS-COC-002678
三菱イメージング (USA) SW-COC-001431

ページトップへ