TOP>CSR/環境>原材料調達

原材料調達

原材料調達の基本的な考え方

資材購買の基本方針

  • 公平・公正
    三菱製紙は、購買先との取引において良識と誠実さをもって接し、公平かつ公正にあつかいます。
  • 最適な購入品の調達
    原材料・副資材・燃料・機械等全ての購入品において品質・コスト・納期・技術開発力・安定供給および企業姿勢(法令遵守、反社会的勢力との関係断絶、知的財産権の保護、人権擁護、労働者の健康や安全への配慮、紛争鉱物の不使用、安全保障貿易管理の取組み、環境への配慮など)を総合的に判断し最も適した取引先を決定します。
    とくに海外との取引においては、相手先が生物多様性、児童労働の防止などに十分配慮していることを確認のうえ、取引先を決定します。
  • パートナーシップ
    全ての購買先は、競争力のある製品を提供するためのパートナーとの認識のもと、相互に繁栄を図る取引関係の確立を目指しております。

2015 年9 月改訂

森林資源の保護・育成と木材調達および製品の考え方

  • 現地の法律や規則を遵守して生産されていることを確認の上、木材を調達します。
  • 高い保全価値を持ち、その価値が脅かされている森林からの木材を調達しません。
  • 人権および伝統を守る権利が侵害され伐採された木材を調達しません。
  • 遺伝子組み換えによる樹木からの木材を調達しません。
  • 植林木、来歴や環境配慮が明確な二次林材、あるいは再利用材を調達します。
  • 適切に管理された森林からの木材(FSC 認証材)の調達を進めます。
  • FSC森林認証製品の積極的な開発・販売を通して、適切な森林管理および信頼のおける森林認証制度の普及を推進します。
  • 上記の取組みに関して適切な情報開示を行います。

2015 年4 月改訂

ページトップへ

木材チップの構成

原料木材の種類、原料木材チップの原産国

合法性および適正管理の確認

木材チップおよび木材パルプは、下記のいずれかの方法で合法かつ適正に管理された森林からの木材に由来することを確認しています。

  • 森林認証制度およびCoC 認証制度を活用した証明方法
  • 個別企業等の独自の取組みによる証明方法
    木材が「FSC 管理木材の規格(FSC-STD-40-005 (V2-1) )」にしたがって管理されていることを確認しています。なお、「FSC 管理木材の規格」に準拠した確認は以下の通りです。
    • 木材チップ/パルプ原産地の確認
      • トレーサビリティレポートで原産地、木材の種類、森林の管理方法等を把握する
      • 原産地を証明する書類(輸送や売買に関する書類等)を確認する
      • 供給業者の監査を定期的に行い、書類の信頼性を確保する
    • リスク評価
      • 木材の原産地が下記A〜Eに関して低リスクであることを評価 ・確認する
        • A)違法伐採
        • B)伝統的権利及び市民権の侵害
        • C)森林の高い保護価値への脅威
        • D)人工林や森林以外の用途への天然林の転換
        • E)遺伝子組み換え樹木
      • リスク評価の結果についてFSC認証機関の監査を受ける

ページトップへ

森林から製品までの確認の流れは下図のようになっています。

森林から製品までの確認の流れフロー図

海外植林

 木材チップを長期にわたって安定的に確保するため、チリにおいて植林事業に取り組んでいます。また、植林事業を通じて二酸化炭素の吸収・固定、土壌流出防止等による林地保全、事業地近郊での労働者雇用や物資の調達など、環境・経済の両面で地域に貢献しています。

ページトップへ