TOP>三菱製紙について>トップメッセージ

トップメッセージ

三菱製紙株式会社 取締役社長 鈴木邦夫

三菱製紙は1898 年の創業以来、技術の⼒で社会に貢献することをかかげ、次代のニーズを的確にとらえた付加価値の⾼い商品を開発提供し、出版・印刷・写真などによる情報⽂化の発展に寄与してまいりました。
オフセット印刷などに対応する印刷⽤紙、印刷製版材料・システムのみならず、感圧、感熱、電⼦写真、銀塩写真、インクジェットと殆ど全ての記録⽅式に対応するメディアの製造販売を⼿がけております。また、情報記録媒体以外にも家庭紙、パッケージなど紙の特性を活かした事業を展開しております。

イメージング事業では電⼦⼯業材料などフィルム塗布技術を活かした商品やデジタル捺染紙・医療関連商品を、機能材事業では⽔処理膜⽀持体、電池セパレータなど不織布技術を活かした商品やリライトメディアをラインナップして事業展開を⾏っており、さらに、新規事業分野の研究・開発にも⼒を注いでおります。⽣産拠点と研究開発拠点を⽇本とドイツ・中国・メキシコに設け、グローバル市場へのアクセスに適合した態勢で臨んでおります。

近年、SDGs(持続可能な開発⽬標)を経営に活かす企業が 世界的に増えておりますが、三菱グループに脈々と伝わる「三綱領」に「所期奉公(期するところは社会への貢献)」があります。事業を通じてかけがえのない地球環境の維持に貢献するため、 当社ではFSC 森林認証紙の⽣産・販売にいち早く取り組んでおります。また、プラスチック代替素材として、⽣分解性とリサイクル可能な離解性を有した環境にやさしい⾷品包装⽤コート紙の販売を開始するなど、製紙事業を通じた持続可能な社会の実現に努めております。

当社を取り巻く事業環境は、デジタル情報技術の発展に伴い⼤きな転換期を迎えています。こうした市場環境、経営環境の変化に対応し、三菱製紙の持続的成⻑と企業価値向上を⽬指して、王⼦ホールディングス株式会社と資本業務提携を締結し、当社は同社の持分法適⽤会社となりました。今後、王⼦グループとの資本業務提携効果の拡⼤と深化を図り、事業基盤の強化と多様化を進めることにより三菱製紙グループの発展を加速し、持続的な成⻑と中⻑期的な企業価値の最⼤化に努めてまいります。

今後とも、皆様には変わらぬご愛顧とご⽀援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

三菱製紙株式会社 取締役社長 鈴木邦夫

ページトップへ