TCFD提言に沿った情報開示について

 三菱製紙グループは「世界市場でお客様の信頼に応える」「常に技術の先端を行く」「地球環境保全、循環型社会に貢献する」をグループの企業理念として企業活動を行っています。この理念のもと、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に向け、また、社会に貢献することを目指して、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)の提言に基づき気候変動が事業に与えるリスク・機会の両面に関して本提言に沿った情報開示を進めてまいります。
 本資料は本提言に沿った情報開示になります。
 三菱製紙グループは事業を通じて持続可能な社会の実現に努めてまいります。

TCFD提言への賛同表明

TCFD提言への賛同表明とTCFDコンソーシアム加入についてPDF

 

ガバナンス

〇 気候変動問題を重要な経営課題の一つとして認識していますので、気候変動に係る基本方針や重要事項は取締役会において審議、決定いたします。またそのリスクと機会は取締役会においてサステナビリティ推進担当役員が少なくとも1回/年で付議、報告いたします。

〇 サステナビリティ推進担当役員も含めた全社横断的なTCFD対応プロジェクトチームを発足させています。

〇 サステナビリティ推進委員会を設け三菱製紙グループ全体のサステナビリティ推進活動を組織横断的に統括するとともに、その傘下にあるリスクマネジメント委員会の下で、TCFD対応プロジェクトチームの進捗を管理しています。

〇 脱炭素に係る投資判断は経営会議や取締役会で実施しています。

リスク管理

〇 サステナビリティ推進委員会の中のリスクマネジメント委員会が認識している項目から、気候変動に関連したリスクの抽出をしています。またTCFD対応プロジェクトチームで気候変動に関連したリスクを管理しています。

戦略

〇 TCFD対応プロジェクトチームで洗い出したリスクと機会に対する対応策を定めています。

〇 環境省が創設した「生物多様性のための30by30アライアンス」に参加しています。白河自社林でのエコシステムアカデミーを活用し、生物多様性や森のめぐみを学ぶ体験学習の場も提供しています。

指標と目標

〇 2050年のカーボンニュートラルを目指す「三菱製紙グループ環境ビジョン 2050」を策定しています。

〇 2020年度のエネルギー起源CO2国内排出量は791千tです。 2030年までにエネルギー起源CO2国内排出量を2013年比で40%削減し568千t以下を目指します。

〇 SCOPE1+2のCO2を含む2020年度温室効果ガス国内排出量は897千tです。 2030年度までに2013年比で36%削減し681千t以下を目指します。今後はSCOPE3の対応についても検討を進めてまいります。

〇 東北地方を中心に約2千haの森林を保有しています。積極的な北東北産の木材使用により国産材自給率向上と森林保全に今後とも継続して努めます。

シナリオ分析の実施

〇 人間と地球が共生するため、気候変動による深刻な影響を抑えるためには、地球の平均気温の上昇を産業革命前と比べて1.5℃未満に抑えることが必要だと考えられています。

〇 今回の分析で設定したシナリオは、IEAのWEO SDS(持続可能な開発シナリオ)や気候変動に関する政府間パネルIPCCが示す外部シナリオを参照しました。温室効果ガスが排出できないために、社会システムが気候変動の緩和に移行する「カーボンニュートラルな世界」におけるシナリオでは移行リスクが大きくなり、自然の猛威に立ち向かうために物理的な影響への適応が必要な「気候変動の影響が甚大な世界」におけるシナリオでは物理的リスクが大きくなりました。

〇 想定する複数の世界における移行リスクおよび物理的リスクの対応策を講じることで、将来のリスクに対するレジリエンスを高められると考えています。また、それらが組み合わさった厳しい世界でも、それぞれの対応策の組み合わせによって、リスクを低減できると考えています。また、リストアップした機会を捉え、今後の事業拡大を進めてまいります。

シナリオ分析の実施とリスクに対する戦略・対応策、機会に対する戦略・対応策PDF

ページトップへ