三菱製紙の事業

情報メディアとして、また記録メディアとして様々な用途・種類のある「紙」は、私たちの生活になくてはならない必需品です。
現在この「紙」の事業を含む3つの領域で事業を展開、新しい価値の創造に取り組んでいます。
国内6事業所のほか、ドイツに情報用紙・インクジェット用紙等の生産拠点、中国(珠海)に各種フィルターの生産拠点、
メキシコにインクジェット用紙の加工生産拠点を持つとともに、北米・欧州に販売拠点を持つなど、全世界に製品を販売しています。

洋紙事業Printing & Communication Paper

主な製品と特徴

一般印刷用紙、高級塗工紙、書籍用紙、白板紙、感圧・感熱・PPC等の情報用紙、特殊紙、家庭紙など。また印刷方式の転換に対応した産業用インクジェット用紙の開発、製造・販売に強みを発揮しています。

イメージング事業Digital Imaging

主な製品と特徴

写真印画紙、インクジェット用紙、写真用途レジンコート原紙、デジタル印刷版、関連資機材・ソフトなど。またイメージング技術を用いた機能性フィルムなど新商品の成長分野進出を加速しています。

機能材事業New Business Development

主な製品と特徴

不織布をベースとした各種フィルター・床材、リライトメディア、蓄熱カプセル、化学紙など。不織布ベースの水処理膜支持体やバッテリーセパレータ等の成長分野で着実に売上を拡大しています。

採用メッセージ

あなたも、三菱製紙の新たなチャレンジに参画しませんか。あなたも、三菱製紙の新たなチャレンジに参画しませんか。

1898年に誕生した三菱製紙は、洋紙、フォト、印刷製版材料等の各事業を中心に、長年にわたり日本のみならず、世界の文化を支える公共財を提供してきました。情報のデジタル化による需要構造の劇的変化や、東日本大震災で主力工場に壊滅的な打撃を受けたこと等の影響で業績が低迷した時期もありましたが、今ではその困難から立ち上がり、新たなステージに入ろうとしています。

我々の持つ高い技術力、開発力をフルに活かして、新たな事業への挑戦とその拡大を通じ、さらに三菱製紙を発展させていきたいと考えています。あなたも、この長い歴史に裏付けられた技術力、開発力と、数々の困難を乗り越えて来た底力を持つ当社の一員に加わって、ともに新しい三菱製紙を築いて行きませんか。

取締役 常務執行役員 大川 直樹

∧